■ 会社沿革 ■

1989年6月21日(創業) S.KEIZOUの屋号にてアメリカ村で個人創立
神戸発エレガンスブランド様とのお取引で会社を立ち上げるスタートする。当時としては珍しい
SPA業態。
1991年7月23日(設立)

株式会社 ヴァローレェ設立(イタリア語で価値)
谷町四丁目に事務所移転サンプル縫製とパターンを軸に活動。
 ※品質を強化

同時にその頃プレタを出かけて技術の幅を広げ始める。   

1999

近隣の谷町に移転
※スピードと完成度と感性度強化

デザイナー(1名)パタンナー(4名)サンプル縫製(4名)を内製化し三位一体の体制を整える、会社そのモノが営業で営業配置は無かった。

2000

アパレル工業新聞社様からイタリアのアパレル業界視察。
新聞社の視察という事も有りメゾンのブランドの内部をみることが出来た。
セコリ校(世界的なパタンナーを育てる学校)
ミラノ、ボローニャ高を訪問。
社内スタッフもこの頃、セコリジャパンで学び始める。

2002年

中国WTO加盟 業界全体が海外シフト。
※生産地のグローバル化

日本生産にこだわり数年苦戦する。
2004年

ネットが本格的に広がり、お客様の購買動機、場所が変わり始める。業界全体が大きく変わり始める

2005 阪急百貨店・大丸、企画会社と組んで百貨店のオリジナル商品を協業していく
2006 

アトリエヴァローレェを設立
企画・パターン室・サンプル室を別会社とし、それぞれの分野でのスキルアップを望んだが逆に総合力が掛けてチーム力が弱まる。現在休眠中。

※一人では出来る事は限られ、人と人との有り方を失敗から学ぶ

 2008 全国に店舗展開されるオケージョンが強い会社様との取組が始まり自社ブランドアマビリタデビュー(愛いらし女性)
多岐に渡りドレスを扱う事により自社独特のドレスのノウハウを取得。      
同時に
ODMのメードインジャパンのドレスが軸となる。
 2015年  リトルブラックドレス「アリアネーロ」販売
三越通販カタログ、髙島屋、阪急イベント、B to B業態が増える
 2017年  事務所移転